この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

わかりやすい写真と説明

見やすい写真を掲載しよう

ネットオークションで不用品を売る際は、写真を掲載します。
義務ではありませんが、明らかに写真があった方が購入してくれる人が増えます。
売る不用品がどんな状態なのか、確認できる写真を用意してください。
実際に売ると、興味を惹く写真を理解できます。
全体の写真はもちろん必要ですが、わずかな汚れや傷がついている場合は、それをアップにした写真があると好まれますね。

実際に売ったものは、それほど傷ついているものではありません。
ですが目立たないけれど、よく見ると少し傷ついているものです。
念のため傷の写真を掲載したところ、わかりやすいという評価を頂きました。
傷の度合いを見て、気にならなかった人が購入してくれたようです。

説明を具体的に書く

使用用途などを、説明欄に書いてください。
この時に、どんな説明をするかによって売れ行きが変わります。
親切な説明をしていれば、購入者が増える傾向が見られます。
傷の状態や何年に製造されたものなのか、また定価はどのくらいなのか記載するのもいいですね。
定価を書くことで、いかに安く販売しているのか伝わります。
すると購入しようという気持ちになってくれるかもしれません。

実際に売ってわかったことは、適当に売っても高く売れないということです。
高く売るためには、自分で工夫しなければいけません。
しかし工夫すればリサイクルショップよりも高く売れるので、努力は無駄にならないでしょう。
これから売る人も、焦らないで工夫しましょう。


TOPへ